スマイルゼミ 苦情

スマイルゼミの苦情はどんなことが多いのだろう

次世代教育システムとして名を広めている

ジャストシステム社の「スマイルゼミ」。

 

次世代といわれる由来はその「タブレットを使い、タブレットに集約した教育」ですが、一番の苦情となってしまうのはこのタブレットなのです。

 

それはなぜか?「本体、ソフトウェア両面での問題」です。

 

本体に関しての苦情では画面の傷や汚れへの苦情が多かったようです。

 

結果的にタブレットの液晶保護フィルムが全家庭に届く結果となりました。

 

ソフトウェアの面で言えば、文字認識に不備があったり、タブレットが「準備中」のまま進まなかったり・・・と、
不具合がところどころに点在しています。

 

ソフトウェアに完璧というものはありませんので、確かに仕方ないことではありますが、
メインの機能である「学習」にまで影響をおよぼすようだと、学習用教材として買った意味がありませんよね。

 

不具合が多すぎると、ただの「勉強ができるおもちゃ」になってしまうわけです。

 

現在はこのような状況ですが、まだ発展途上であるため、これから徐々に良くなっていくはずです。

 

不思議に思った点やダメだと思った点は出来るだけジャストシステム社に進言し、
よりよい次世代教育システムをみんなで作り上げて行きましょう。

 

 

 





↓↓↓ プログラムの詳細は無料資料で詳しく確認ができます。 ↓↓↓